トップ おかずINDEX 調理別 材料別 味わい別 色別 つぶやき お弁当の小径 苦はラクの種 English



( 2009/5/7 まで)
今までのお弁当の写真
中に入ればスライドで
ぜーんぶ見れます。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from U-H-Obento. Make your own badge here.

無料ブログ作成サービス JUGEM
■ Sponsored links
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
お弁当の定番 玉子焼き
お弁当の定番
玉子焼き






玉子焼が嫌いな人って
会ったことがありません。(どうでもいい人はたくさんいるけれど。。。)
鮮やかな黄色い色は幸せの色。
醤油色が多い日本のおかずの中でも、
この玉子焼きの黄色はすばらしい彩りになってくれる
お弁当のおかずの定番中の定番です。

さて、外で売っているお弁当にしても旅館の朝ごはんにしても
そこそこ美味しい玉子焼きは入っています。
でもあれは厳密なところ出し巻き卵。
本当の玉子焼きとは違います。
玉子焼きにはだしは入らないのが基本。

だしが入ると出しの旨みと香りで美味しい!と思うし、
私も時折作ります。
けれども卵だけで作る、
濃厚な力強さみたいなものは失われている様な気がします。

それでは玉子焼きってどこで食べれるのか?
ほとんどの場合、
自分でもしくは家族などが作るもの。
そこそこ簡単に作れるものだからか、
まあまあ美味しく作れるからか
みんなどんな玉子焼きがおいしいのか
あんまり深く考えないで作っていることが多い料理。
それが玉子焼きではないでしょうか。
簡単に作れるからこそ、素材がシンプルだからこそ
本当に美味しく作るにはコツがいります。
時間がたっても味が呆けないで、ふんわりとしていると
ほめていただいた私の玉子焼き。
あなたの玉子焼きの何らかのヒントになれば幸いです。

【材料】
3個
砂糖 適宜
適宜
適宜
醤油 少々
サラダ油 適宜
【作り方】
1.卵は割りほぐして砂糖以下調味料をすべてあわせてかき混ぜておく。この間に玉子焼き器を温める。



2.玉子焼き器を十分に温めたら、卵液を入れる直前にサラダ油を入れて(油は高温で放置すると相当に嫌なにおいになり玉子焼きの風味も損ないます)さっとなじませ、卵液を1/3ほど流しいれる。ひだを作るようにかき混ぜた後、端に寄せる。



3.残りの半分くらいの卵液を流しいれ底面に火が通ったか通らないくらいから巻く。





4.同じ要領で焼き上げる。火の通りが気になるときには弱火にして最後にじっくりと火を通す。



【おまけ】
焼いていくときには菜ばしを卵の横から刺して(バームクーヘンのごとく)
表面はまったく傷が付かないようにするときれいに焼きあがります。

玉子焼きがイマイチ美味しく出来ない方・・ぜひやってみてくださいね!
玉子焼きの入ったお弁当 やってます。
⇒ 「うれしはずかしお弁当」へ
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
料理ブログ  人気ブログランキングへ
| メープル | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |